ハリボテ野菜を持って街に繰り出そう!レポート

2019.07.07(sun)
浅井雅弘ワークショップ ハリボテ野良野菜 撮影ワークショップ レポート 7/7日に開催されたワークショップの様子をお届けします。

まずは浅井さんの作品紹介からスタート。
ここ最近の作品として、原寸大にプリントされた人や花などが切り抜かれ、現実空間に置かれたものを紹介。

それらが本物に見えてしまう錯覚と、プリントとして認識された時に生まれる虚構感をテーマとされているそうです。

本日は浅井さんがプリントした野菜(バナナは果物!)を切り抜いてパネルにして、街に置き、撮影をしていくとの事です。



「簡単な工作みたいなものです。」と、さっそく浅井さんが作業を実演。

きのこを写真通り切ったら、、、なぞる

切り抜いた写真に一回り小さく切った段ボールを貼り付けて

ほら簡単!

出来上がり。





さっそく皆さん思い思いの野菜を切り抜いてパネルを作成しました。

黙々と時間制限までCUT! CUT! CUT!

葉っぱの間はしっかりカッターで抜きましょう!

アスパラガスがチンアナゴのよう


次は街に繰り出しての撮影!

ビルの目の前で他の雑草と一緒にピーマンの撮影



「ポイントは写真によって光の向きが違うので、その写真に合った場所と角度を探す事」とのこと。



植え込みにトマトを忍ばせたり、


皆さんベストなアングルを探しに繰り出しました。

最後は集まってそれぞれの作品を鑑賞。

#長者町ノラ野菜 と付けてインスタグラムにアップしました。


その模様は皆さんもインスタグラムでご確認ください。


このWSに関連した作品を浅井さんはART FARMingに展示される様です!

ART FARMing EXHIBITION SWASONは
7月27日(土)〜10月14日(月祝)までの金土日祝のみのOPENですあいちトリエンナーレ2019と一緒にを楽しみにお越しください!!


-----------------------------

次回FARMing SEASONは
アレクサ・ファブレガと考える

「都市農業の可能性+アートの社会的関与について」

協力:
株式会社竹中工務店 
錦二丁目都市の木質化プロジェクト

日時:7月20日(土)13:00 ~ 16:00 参加費無料
   懇親会 17:00〜 
   懇親会ご参加の方は別途 1000円 必要
内容:レクチャー・考察ワークショップ
講師:アレクサ・ファブレガ

会場: 名古屋センタービル 9階 竹中工務店ホール「創」
   名古屋市中区錦2丁目2-13
Google マップ https://goo.gl/maps/3pd7mSqfy1Uv3L7k6

ART FARMing のメイン会場「綿覚ビル」とは異なりますのでお気をつけください。

お申し込みはホームページから入力をお願いいたします。
https://artfarming.jp/ws#f

-----------------------------

翌日7月21日(日)は

ART FARMingレクチャーシリーズ② 嘉藤笑子
タイトル:地球環境とコミュニティにおけるアート活動を考察する。
副題:2019イスタンブール・ビエンナーレ&ヴェネティア・ビエンナーレから学ぶ
日時:7月21日 10:00〜12:00
会場:綿覚ビル 名古屋市中区錦2丁目11−24
講師:嘉藤笑子 AAN代表/キュレイター/武蔵野美術大学芸術文化学科非常勤講師

詳しくはHP ワークショップをご確認ください!!

お申し込みはホームページから入力をお願いいたします。
https://artfarming.jp/ws#f

-----------------------------

いやー  ワークショップ晴れてよかった。

スタッフ:Risa

“ハリボテ野菜を持って街に繰り出そう!レポート” への1件のコメント

コメントは受け付けていません。