苔遊びハッキングワークショップ/レポ

アーティスト三原総一郎氏による「苔あそびハッキングワークショップ」
2019.06.23 に開催されたワークショップの様子をお届けします。




天気に恵まれて
苔日和です。

アーティスト三原さん


京都の山から採取してきた苔を用いて直径 3cm大の『マイクロ苔玉』をつくります!


この中には4種類の苔が入っています。

よく見ると違いがあります。

新聞紙を破って  

水に浸します。

このなかから好きなこの好きな部分をチョイス。

新聞紙を苔で包む

包んでみてOKなら

黒紐でとめる

もくもくとみんな苔玉作りに没頭中

キッ○ロみたいな長い葉っぱの生えた苔玉完成!




ケースに入れてお持ち帰り苔玉になりました。



さてさてお持ち帰りの苔ではなく会場で展示する苔作品をみんなで作ります。

苔をジュース状に加工し造形したフェルトに培養する『苔オブジェクト』


ARTFARMingに出品する作品をみんなで作ろう!!

行程は

苔ジュースを作る
フェルトで造形
ジュースに浸す
ケースに入れる

待つ!!





苔ジュースをまず作るために
苔の緑の部分を集める

水を適量いれて

ミキサーにかけるとこんな感じの苔ジュースになります。




これに

フェルトで造形したものを

ジュースに浸す

よくよく浸して


よくよく浸して

ケースに入れました!!
この水槽は会場に展示されます。

10月中頃の展示の終わりころにどうなっているか
この古墳がたのフェルトに苔が生えているのか…

一月数mmの速度で育つ様子をたまに覗きに来てみてください。


スタッフ:Risa