活動レポ〜ト[農業試験場: モス・グラフティ2]

あれから二、三週間、苔は依然 うんともすんとも変化がありません。
う、うーん。まだ寒いのかもしれない。そう、私 村田はミーティングでメンバーの面々と話しました。前回にレポ〜トで書いていた苔で絵を描く「モス・グラフティ」は、海外の情報が殆どで、苔が生えてくるまでは “一ヶ月くらい” という何ともラフな、いやこういうところがグラフティー的というか、ストリートアート的なのかもしれないと頷きながら、でもおそらく苔の種類や、気候など、様々に異なり、いろいろ勉強しなければいけないのだろうと考えていました。
自宅でも再度、モス・グラフティを行ないました。

苔の量や、ヨーグルトの量も変えてみましたが、変化がありませんでした。もっと根本的に無理なことをやっているようです。
しかし「苔が生えないことを 駄目なこと捉えるのは、アートプロジェクトとして間違っているのかもしれない」とも考えています。
こんなことがあるから、駐車場の端っことか、街中に苔が生えているのは貴重な状態なのだ!と興奮。
またミーティングで相談します。

などと神妙になりつつも、苔が根をつけるための方法を 探っていきます。もう少し暖かくなってくれば!?
この「レポ〜ト」は、モスグラフティーに限らず ART FARMing の動きをお伝えしていきます!